看護小規模多機能型居宅介護とは

通い・泊り・訪問介護・訪問看護4つの機能で一体的にご利用者様を支えます。医療ニーズの高い方の体調や予定に合わせてサービスを組み合わせ、住み慣れた地域での生活を医療・介護両面からサポートします。

メリット

  • ひと月の費用が介護度別に定額制なので、経済的負担が軽減できます。
  • ひとつの事業所で対応するため、場所や職員に対する混乱が少なくなります。
  • 訪問看護も利用できるため医療度の高い方も対応でき、最後まで住み慣れた地域で暮らせるように支えます。
  • 通い、泊り、訪問+ケアマネジメントを一体的に行うためサービスの調整が柔軟に行えます。
「通い」のサービス 利用時間に制限はありますが、入浴や昼食だけの短時間利用や夕食までの長時間利用など、ご本人の状態や生活に合わせてご利用が可能です。
「泊り」のサービス 通い慣れた場所で「通い」の延長として泊ることが可能。ご本人・ご家族の希望により宿泊室に空きがあれば、いつでもお泊り頂けます。ご本人も場所や職員の変化に混乱する事なく泊ることができます。
「訪問」のサービス ご本人の生活に合わせて外出援助や身の回りお世話、安否確認など夜間を含めて対応できます。配食の訪問も行いますので、ご自宅でゆっくり療養することができます。

「通い」「泊り」「訪問」それぞれ医師の指示書をもとに医療処置を行うことができます。

3つの支援

①退院支援

医療行為(痰の吸引、管を通しての食事注入他)が必要な状態で自宅に退院したいと希望される患者様に対して、看護小規模多機能型居宅介護を活用しながら退院直後は泊りを中心にした生活を送れます。徐々に通いと頻回の訪問を組み合わせ、最終的には在宅で生活できるよう支援します。

②レスパイト支援

医療依存度・介護度の高いご利用者様の在宅生活が継続できるように、ご家族の急用に対して長時間の通いや泊り、頻回の訪問を柔軟に活用し、在宅生活を支援します。

③看取り支援

住み慣れた自宅で最期まで生活が送れるように訪問を中心とした支援が可能です。看護師、介護士、主治医が連携し看取り支援をします。

ご利用できる方

要介護認定を受けている方

ご利用までの流れ

担当の介護支援専門員(ケアマネジャー)にご相談いただくか、施設にご相談ください。

サービスが受けられる施設一覧