訪問看護とは

看護師などが、ご自宅に訪問して、病気や障がいのために療養生活を必要とされている方の看護を行うサービスです。ご利用者様が、安心して住宅での療養生活を送っていただくために、病院・診療所等との連携を図り、主治医の指示のもと、定期的に病状観察・看護処置・服薬管理・終末期看護・看護指導などを行っています。寝たきり状態や医療的処置が必要な方に限らず、要支援の方にも介護状態の悪化を予防するために、リハビリテーションを行ったり、日常生活の過ごし方などを一緒に考えたりといったことも支援するサービスです。

※青藍会在宅医療支援センターハートハウス成城についてはこちらへ

サービス内容

訪問看護

  1. 心身の状態を観察し、異常の早期発見や再発防止のための看護
  2. 日常の生活リズムを整え、食事、排泄、運動など様々な療養上の助言を行い、健康状態の維持
  3. 薬の効果確認や内服確認、内服セット、服薬に関する助言、副作用の観察
  4. 脱水、栄養障がい、誤嚥の危険性や排泄トラブル等を判断
  5. 皮膚などの清潔を保ち、皮膚のトラブルや関節の動きを観察
  6. 苦痛緩和の看護、医療処置だけではなく家族も含めて精神的な支援
  7. リハビリテーション(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の対応が可能です。)
  8. 家族の介護方法の助言
  9. 社会資源を紹介し活用
  10. 医療機器の操作、管理
  11. 医師と密な連携
  12. 介護支援専門員やその他のサービスとの連携
  13. 24時間365日緊急時に対応

訪問先は自宅だけではなく、入居されている高齢者住宅等にも伺うことができます。利用される本人だけでなく、家族の介護負担を軽減し、精神的なサポートをおこなうことで、安心して介護できるように支援します。青藍会の訪問看護ステーションでは、24時間365日連携体制をとっているので、夜間・休日でも緊急時には訪問看護師が電話応対いたします。また、緊急訪問もいたします。疾患に対しての不安や医療面についての相談など、何かお困りのことがございましたら、ご相談ください。

ご利用できる方

  1. 在宅で療養中の方で、かかりつけ医師が訪問看護、訪問リハビリを必要と認めた方。(年齢に制限はありません)
  2. 介護保険(要支援~要介護)、医療保険(疾患、状態により条件あり)すべての方に対応できます

ご利用までの流れ

◯ 介護保険の認定を受けている方
担当の介護支援専門員(ケアマネジャー)にご相談いただくか、各施設にご相談ください。
◯ 介護保険の認定を受けていない方
かかりつけ医にご相談頂くか、青藍会コールセンターへご相談ください。

よくあるご質問

Q.訪問看護を受けられるのはどんな人ですか?
A.訪問看護は、介護保険の被保険者であって、要介護者・要支援者と認定された方、もしくは主治医が訪問看護による医学的管理が必要と認め、訪問看護指示書が発行された方が対象となります。この場合、介護保険の認定を受けておられれば、介護保険による利用、未認定であれば、医療保険での利用となります。
また、40歳以上65歳未満の被保険者については、さらに要介護等の状態になった原因が、認知症などの16特定疾病の場合に限られています。
この他にも、対象となる条件がいくつかありますので、詳細は下記までお問い合わせください。
Q.具体的にどのようなことをしているのですか?
A.訪問看護計画書を作成し、計画の下、定期的にご自宅を訪問し、その方の状態に合わせた医学的管理・処置等のほか、同居されるご家族への助言等も行います。また、ご契約いただければ、24時間のオンコール体制をとり、緊急時には24時間365日時間を問わず看護師が訪問します。その他、主治医への定期的な報告書の提出も行っています。

サービスが受けられる施設一覧