もの忘れが気になりだしたら

画像:診察をする医師

あんの循環器内科では、認知症の専門外来を行っています。
認知症とは、脳の働きが悪くなり、記憶力や判断力の低下、場所や日時の見当がつかなくなり生活するうえで支障が出てきます。
認知症は、早めの受診と正しい診断が必要です。早期の認知症であれば、内服で進行を遅らせたり、日常生活でのアドバイスを受けることで進行を遅らせることができます。

  • 相談については、ハートクリニック南山口でも受け付けています。

受診までの流れ

1. 相談

各クリニックへご連絡ください。

2. 予約

事前受診の日程をお知らせします。かかりつけ医への連絡と、診療情報提供書の作成依頼をお願いします。

3. 事前受診

医師の診察、問診、血液検査、頭部CT。

4. 診察

ご家族の同席をお願いする場合がございます。

もの忘れチェック

2つ以上チェックがついた場合は、早期受診をお勧めします

医師プロフィール

山口大学医学部神経内科准教授 川井 元晴

画像:先生近影
専門分野 神経内科(アルツハイマー病、パーキンソン病ほか)
専門医等
  • 日本認知症学会認定専門医
  • 日本神経学会認定神経内科専門医

あんの循環器内科 院長 阿武 義人

画像:先生近影
専門分野 内科全般、循環器疾患、心エコー
専門医等 日本循環器学会専門医・日本内科学会認定内科医・日本医師会認定産業医・日本医師会認定健康スポーツ医・THP健康測定研修修了医・介護支援専門員・認知症サポート医・緩和ケア研修会受講修了

ハートクリニック南山口 院長 松村 孝司

画像:先生近影
専門分野 脳神経外科
専門医等
  • 日本脳神経外科専門医
  • 介護支援専門員

ハートクリニック南山口 兼定 博彦

画像:先生近影
専門分野 内科、リハビリテーション科、健診
専門医等
  • 認知症サポート医
  • 身体障害指定医
  • 緩和ケア研修会受講修了

サービスが受けられる施設一覧